設計事例紹介

簡易版を見る詳細版を見る

練馬の家(自邸)

木の優しさを感じる家

(レッドシダー)によるインパクトのあるファサード

木(レッドシダー)によるインパクトのあるファサード

木は、住む人そしてそこを通る街の人達に優しさや安心感、懐かしさをあたえることができる素材です。
その木を道路側ファサードの全面に貼りました。木の色は経年変化しますが、その変化を楽しむために外壁は
無塗装のものを用いました。ファサードにインパクトを与えるためにできる限りシンプルにデザイン要素を
少なくしています。

木とガルバリウム鋼板で構成した立面

木とガルバリウム鋼板で構成した立面

を側面と屋根は、ガルバリウム鋼板です。まずメンテナンスが20年フリーであること、
雨に対しても強くクラックの心配も無いという理由から採用しました 金属と木のデザインとすることで、
メリハリのある外観となりました。

都内ではほとんどの場所が防火・準防火地域です。この外壁で用いた木は、防火構造認定取得したもので、
火に対しても心配ありません。

木のルーバーと引き戸の玄関

木のルーバーと引き戸の玄関

エントランスの扉は引き戸。
そこに郵便受けを組み込ませました。2階のルーバーの奥は、デッキスペースの脇に設けた洗濯スペースで、風が通り外からは見えないようにルーバーとしています。

ステンレスアングルを用いたシンプルな軒樋

ステンレスアングルを用いた
シンプルな軒樋

玄関庇先端の樋は、ステンレスのアングルを付けて、雨水は植栽に流れるようにしました。 草木が多いのでこの建物には一部しか樋は付けておらず、付けた部分は簡単なはしごでメンテナンスができます。

ヒメシャラの植えられた中庭

ヒメシャラの植えられた中庭

玄関引き戸から中に入るとデッキ床のある中庭スペースとなります。
ここには、コーナーに自転車置場があり、この中庭側にはヒメシャラの木を植えました。
ヒメシャラは、夏に白い花を咲かせてくれますし、春の新緑も秋の紅葉も目を楽しませてくれます。

気分が変わるエントランス

気分が変わるエントランス

室内の玄関に至るまでのこの空間は、気分転換の場です。
出かけるときも帰宅したときも一瞬この中庭に入ることで気持ちの入替え
ができます。私は建物を設計するときにこの玄関アプローチに力を注ぎ
ますが、気持ちを変える場としてとても重要なスペースだと考えています。

光の移ろいが感じられる木で囲まれた中庭

光の移ろいが感じられる木で囲まれた中庭

中庭を見上げると2階デッキスペースの格子手摺が見えます。
南に空けられたルーバーからは美しい光の帯が木の壁面に注がれ見ていて飽きません。
コーナーの鉄の丸棒は、火打ち梁で、構造強度を高めるために入れたものです。

建物完成時に記念として作った手形

建物完成時に記念として作った手形

建物完成の記念として家族4人の手形を床に入れました。
この手形を見ると、当時の事が想い出されます。

寝室(子供遊びスペース)、庭へと視界が抜けるエントランス

寝室(子供遊びスペース)、庭へと視界が抜けるエントランス

室内側の玄関扉を開けると廊下・寝室・庭へと視界が拡がります。寝室は、引き戸で閉じられ、寝る時は暗室となります。
昼間は、引き戸をオープンにして子供達の遊び場として有効に使います。

光に満たされた廊下

光に満たされた廊下

この建物の基本的な考えとして、昼間は電気を付けないで過ごすというのがありまして、廊下も2階からの光で明るく快適です。廊下の左下にある箱状のものは、夜間電力を利用する蓄熱暖房機です。冬場は、夜間の安い電気を使って暖房機の中に積まれた石ブロックに熱を蓄え、昼から夜にかけて放熱する
というもので、輻射熱による暖房です。風を感じる事無く建物全体が暖かくなるため、結露も無く、快適に過ごせます。

内部の壁の仕上げは帆立貝の貝殻を用いたチャフウォール塗装 床は桐のフローリング床です。

庭を見ながら入る浴室

庭を見ながら入る浴室

廊下右手にある洗面スペースと浴室。 浴室には中庭に視界が抜ける開口が開いていて、季節が良い時は開け放しでバスタイムを楽しめます。
浴室の壁と天井は、青森ヒバ。ヒバは、湿気に強く檜と同じく風呂廻りによく使われてきました。ヒバは、暖かい湯気によって香りが出るため癒しの効果もあります。

調湿作用のあるタイルを用いたトイレ

調湿作用のあるタイルを用いたトイレ

1階のトイレは洗面スペースとは別に設けました。
トイレも重要な場で、やや広めに設け、壁には少し遊び心を入れて
調湿性のあるタイルをランダムに貼っています。

2階の梁を見上げながら上る階段

2階の梁を見上げながら上る階段

階段は上に上がる手段ですが、視点が変化する装置として重要です。
この階段の位置と上り方によって空間が劇的に変化する為、プランを考える
際には最も考慮する部位です。階段はできる限り上りやすく緩やかにする
ため、蹴上げと踏面の寸法は熟考を重ねます。

この階段は、桐の集成材を用い、ノンスリップとして8mmの丸い棒を
2本段板に埋め込みました。

2階デッキスペースへと繋がるリビング・ダイニング

2階デッキスペースへと繋がるリビング・ダイニング

2階は、オープンなリビング・ダイニング・キッチンスペースとそれに繋がるデッキスペース、
子供部屋でコンパクトに構成されています。都内においては大きな庭をとるのは難しく、かといってリビング
からは自然の緑を感じながら生活したいと思っていたので、2階に大きなデッキを設けたわけです。
間口一杯をガラス開口とすることで、リビングがそのままデッキに繋がっていきます。

庭と一体になったリビング

庭と一体になったリビング

大きな木製断熱サッシからは、1階から伸びるヒメシャヤの木を眺めることができます。
またデッキスペースを木の壁で囲むことで廻りからの視線を気にせず、プライベートガーデンとして活用できます。

床は、1階と同じ桐フローリング。柔らかい素材で、素足で歩くととても暖かく感じます。
傷が付き易いのでほとんど床材としては使われませんが、素足の気持ちの良さは格別なのです。

このフロアーにも蓄熱暖房機が1台設置してあります。 建物の断熱は古新聞を用いたセルロースファイバーで、
柱間に吹付けるもの。湿気も通すので内部結露の心配は無く、かつ断熱性能に優れています。

光が注ぐ明るいキッチン

光が注ぐ明るいキッチン

キッチンは、オープンキッチン。作業する手元はリビングから見えないようにハイカウンターで仕切っています。キッチンには屋根の勾配を利用した
ハイサイドライトから南の光が注ぎます。この窓は、オペレーターによって
開閉が可能で、夏の暑い時期にはこの窓を開けて暑い空気を上昇気流で外に逃がす働きもします。

キッチン奥の壁に設けた縦スリットは、子供部屋のロフトと繋がり、
子供達が小さいときは、ロフトからキッチンやリビングを覗けるように
設けたものです。

構造部材をそのまま表現した天井

構造部材をそのまま表現した天井

キッチンの奥にはユーティリティーがあり、洗濯スペース、乾物や食材ストック置場になっています。また、ダイニングには造り付のベンチがあり、それに繋がる主婦の作業机も作りました。

2階の天井は、構造部材をそのまま仕上げとして表現したデザインで、リズムのある力強さを感じます。梁・柱ともには、紀州の山長の杉を用いました。登り梁の梁と梁の間は、木の目が均一で美しい桐の薄板を貼っています。

光注ぐダイニング

光注ぐダイニング

ダイニングテーブルは、無垢のくるみの木です。木の目が美しく、色も優しい飴色で、
飽きることの無いテーブルです。このダイニングには東に設けた開口から朝の光を入れることができ、
気持ち良く食事が楽しめます。

ロフトのある子供部屋

ロフトのある子供部屋

子供部屋は、デッキに面して南側の一番良い場所にしました。
ロフトにははしご階段で登っていきます。
正面の壁に見える筒は、2階の暖かい空気を1階の床下まで運び、
少しでも無駄な熱を利用するため設けた設備ダクトです。

2つに緩やかに区切った子供部屋

2つに緩やかに区切った子供部屋

今の子供部屋は、ロフトの一部を解体して天井を高くし、解放感をもたせました。収納つきベッドと勉強机を並べ、2人の間をカーテンで区切って使用します。各個人の衣服類は、全て1階のクローゼットスペースに収納してあり、外から帰るとそのクローゼットの中で着替えます。

デッキから見た夜景

デッキから見た夜景

大きな開口があるので、夜デッキスペースで食事も楽しめます。
壁で囲まれていますが、大きく空は開け、自然を感じる事ができる気持ちの良い屋外リビングです。

ヒメシャラの木が伸びる2階デッキスペース

ヒメシャラの木が伸びる2階デッキスペース

2階のデッキスペースは、バーベキューを楽しめる充分なスペースがあり、
子供が小さいときには簡易プールでも遊んでいました。今は、愛犬のスペースとしても活用しています。

ガルバリウム縦ハゼ葺きの外観

ガルバリウム縦ハゼ葺きの外観

ガルバリウムの縦ハゼ葺きは、ハゼがリズミカルに影を落とし、シャープな印象です。

汚れもほとんど目立ちません。銀黒カラーですが、きちんと空気層を取っているので、
夏の暑さがそのまま内部に伝わることはありません。

本の壁で囲まれた1階アトリエ

本の壁で囲まれた1階アトリエ

これが私の仕事場です。小さなスペースですが、本に囲まれて仕事をしています。
窓からは、中庭のヒメシャラが見え、気分転換が計れます。

クライアントとの模型を用いた打合せ

クライアントとの模型を用いた打合せ

クライアントさんや業者さんともこの部屋で打合せします。書斎のような仕事場です。

1本の線から始まる

1本の線から始まる

建築は、全て白紙の上に引かれた1本の線から始まります。
その1本の線を大切にしながらいつも建築の事を考えています。

設計事例一覧に戻る



ページトップへ戻る